記事の詳細

核家族化が進み、一人で知らないうちに亡くなってしまう孤独死が増えています。
孤独死対策として住宅型有料老人ホームが注目されています。

住宅型有料老人ホームの特徴は、まず民間の会社が運営している点です。
介護付きの老人ホームよりも軽い方が入ることが多く、施設内に介護スタッフは常駐していません。
企業によっても違いますが、身体の介護や機能回復などが必要な時は、訪問介護や通所介護を利用するようになります。
そのため一般の介護付きの老人ホームよりも費用がかかることがあり、重度の介護が必要な場合は住宅型有料老人ホームに入居し続けることはできません。

ですが、住宅型有料老人ホームはレクリエーションや設備が大変充実しています。
食堂や浴室といった共同で使用する設備はもちろんのこと、売店や理美容室があるところもあります。
一人一人の部屋も広くトイレやキッチンがついている場合もあり、共同の場所ではカラオケやマージャン、園芸を行うこともできます。
個人の生活を大事にしつつ、周りの人とも関われるようになっているので孤独に感じることが少ないのも特徴です。

住宅型有料老人ホームではスタッフが食事や洗濯といった生活援助や見守りを行っています。万が一の時にも対応してくれるので安心です。

関連記事

ページ上部へ戻る