記事の詳細

「サービス付き高齢者向け住宅」とは、自立あるいは軽度の要介護状態の高齢者(単身や夫婦)が、安否確認や生活についての相談等のサービスを受けながら、安心安全に暮らしていける住まいのことです。
特徴としては、一般的な賃貸住宅に比べて借りやすく、高齢者にとって住みやすい賃貸住宅となっていることです。

高齢者の住宅としてポピュラーなものの一つに「老人ホーム」がありますが、こちらが居住者の全ての生活の面倒を見る施設であるため、どうしてもプライバシーが守られにくいのに対し、「サービス付き高齢者向け住宅」はプライバシーが守られる点が魅力の一つです。

また、この「サービス付き高齢者向け住宅」が最近増えてきている背景として、「孤独死対策」への期待が高まってきていることです。
「サービス付き高齢者向け住宅」は居住者の安否確認と生活相談サービスが備わっていることから、最低限の人との関わりが保たれ、かつプライバシーは守られるというバランスの良さが人気の理由であり、老人ホームに入るほど介護は必要でないが、人との関わりを持てずに困っているという方から特に支持を集めております。

なお、「サービス付き高齢者向け住宅」が民間によるものであるのに対し、公的機関によるものを「シルバーハウジング」と呼びます。

関連記事

ページ上部へ戻る