記事の詳細

昨今、核家族化が進むとと共に、晩婚化、未婚率も上昇しているため、子供のいない夫婦、結婚しない高齢者も増えています。
そんな中、問題となっているのが、だれにも見つけられず、ひっそりと息を引き取る孤独死です。

そんな孤独死対策として、介護老人保健施設に入居するというのが増えております。
介護老人保健施設の特徴は、まず、介護の必要な高齢者の自立支援です。
介護士だけでなく、医学の面からのサポートもあり、リハビリテーションや日常生活のサポートを行ってもらうことができます。

これらのケアは医師や資格を持った専門スタッフがしてくれるので、安心して任せることが出来ます。
また、介護老人保健施設では、要介護認定1から5の方でリハビリテーションを必要としている人が利用出来ますので、誰でも利用ができるというわけではありません。

また、ここには同じ症状や年代の方たちが多く集まりますので、知り合いの少なかった人も、ここで顔なじみになったり、新しい出会いを持つことで、これまで以上にいきいきとした生活を取り戻すことも出来ます。
入居者の社会復帰や、日常生活を送れるようなサポートを行うというのが目的であるため、施設を利用するひとも、その家族も笑顔でいられるということが特徴です。

関連記事

ページ上部へ戻る