記事の詳細

高齢者の孤独死は年々増加しています。
孤独死対策には、様々な方法が考えられていますが、高齢者が自分で民間警備会社に依頼をし、セキュリティ対策を施しておくこともそのひとつです。

たとえば、生活導線にセンサーを設置し、一定時間動きが無い場合は、異常信号を民間警備会社に送信する監視サービスといったものがあります。
一人で生活をしている高齢者向けのサービスです。

また、急病やケガなどの際には、握るだけで警備会社に救急信号を送れる、ペンダントタイプの緊急通報ボタンもあります。
肌身離さずつけていることで、何かあった場合には、ボタンを押せるようになっています。

この他、月に1回程度、民間警備会社のスタッフが電話や訪問をし、高齢者の様子をチェックしてくれるサービスもあります。
さらに、かかりつけ医などの情報を預けることで、何かあった場合には、民間警備会社から医療機関へ連絡が速やかに入るようなサービスもあります。
若い人たちには何気ない電話等の連絡も、高齢者には大仕事となることもあります。

日ごろから民間警備会社と契約をして、高齢者の世帯に向いたサービスを依頼しておくことで孤独死に対する不安を減らすことができます。
民間警備会社はいくつかありますので、それぞれの特徴や費用を理解し、あまり負担のかからない方法で依頼をしておくのがおすすめです。

関連記事

ページ上部へ戻る