記事の詳細

近隣との関係が希薄化してきた現在、隣の人が何をしているのかという事すら知らないという人も少なくありません。
周りの人に興味を持たない、何をしているのか知らないというのは、その人が亡くなっていても気付きにくいということでもあります。

現在では孤独死で亡くなる高齢者も多く、社会的にも問題となっています。
そこで多くの自治体では孤独死を起こさないための対策を取り入れています。
ではどのような事が実際に行われているのでしょうか。

孤独死対策で重要な事は、声掛けです。
地域によっては自治体の活動費用などを毎月回収したりするところもありますが、そういう場合に声を掛ける事によって安否を確認する事ができます。
また電気やガスの利用状況から、普段の生活の変化をチェックして判断する事もあります。

周囲の人のことを知らない、気にしていないという状況では、どうしても孤独死が起きやすくなってしまうので、このようになるべる自治体が住民との関わりを密にする事、そして声掛けを充実させる事が必要となってきます。

このような日々の対策をきちんと実施するだけでも、孤独死の数を減少させる効果は十分期待できます。
また、セキュリティサービスや防犯カメラを上手く利用することなども、孤独死対策として効果を期待できるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る