記事の詳細

写真(c)プレスリリースより

近畿圏、首都圏で介護付有料老人ホームを展開する株式会社チャーム・ケア・コーポレーションが、富裕層向けの介護付有料老人ホームシリーズ「チャームプレミア」の強化を進めている。2019年3月現在、首都圏で5施設を運営しているが、今後は2020年6月期までに9施設に増やす計画だ。

その第一弾として、東京都杉並区永福町に2019年3月1日にオープンしたのが「チャームプレミア永福」だ。永福町には和田堀公園や大宮八幡宮などがあり、都心でも豊かな緑が特徴的なエリア。新施設は「つながる」をテーマとし、流れや自然・伝統との融合を目指した施設になっている。入居者のこれまでの人生の歩みを尊重し、ホスピタリティ溢れる暮らしの提供を掲げている。

施設は地上5階、地下1階建で居室数は全48室。1か月の賃料は243,600円~1,241,200円(税込)。

「チャームプレミア」シリーズの特徴のひとつは、認知症の進行予防に注力している点だ。具体的には、コンシェルジュが入居者の話を聞く「傾聴タイム」が設けられているほか、入居者ひとりひとりに合わせたリハビリプログラムも提供されている。

●SankeiBizの原文はこちら
https://www.sankeibiz.jp/business/news/190409/bsd1904090500007-n1.htm

●チャーム・ケア・コーポレーションのプレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000041530.html

 

当社では、介護付有料老人ホームに限らず、主に富裕層を対象とした介護施設関連の情報や、孤独死対策の情報などを随時受け付けています。情報をお持ちでしたら、下記お問い合わせページよりご連絡の上、プレスリリース等を当社まで送付いただけますと幸いです。

情報のご提供はこちら

関連記事

ページ上部へ戻る