記事の詳細

孤独死とは、一人暮らしをしている人が、家の中などで生活しているときに、心筋梗塞などの突発的な病気で亡くなってしまうことです。

明確な定義はまだないようですが、一般的には一人暮らしの老人が上記のような状態になってしまい、しばらく経ってから久々に訪ねてきた家族などによって発見されるケースを指すことが多いようです。

核家族化、少子高齢化が日本で進んだことで一人暮らしの方が増え、また、昔に比べて近隣住民などとの交流も少なっていることから、結果として孤独死で亡くなる方が多くなってきています。

年間300件を超えるというデータもあり、約70%が50代です。
このうち85%と男性だと言われています。

孤独死というと高齢者のイメージがあるかもしれませんが、65歳以上の方は何らかの介護サービスを受けているケースが多く、突然の病気やケガで動けないような状況になっても、早期に発見される可能性が高いためです。

もちろん富裕層の方々も例外ではありません。
若い方がいないわけではありませんが、日本では相対的に40~50代以上の方の方が富裕層の割合は多いです。
上記のデータから考えるならば、孤独死ついて意識しておく、対策を立てておくことは重要ではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る