サ高住コンサルティング

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅、通称「サ高住(さこうじゅう)」とは、主に自立(介護認定のない)高齢者または軽度の要介護認定高齢者を対象としたバリアフリー対応の賃貸住宅です。ケアの専門家(社会福祉法人・医療法人・指定居宅サービス事業所等の職員、医師、看護師、介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、介護職員初任者研修課程修了者)が少なくとも日中常駐し、安否確認サービスと生活相談サービスを、すべての入居者に対して提供するのが大きな特徴です。主に要介護高齢者が入居する有料老人ホームとは異なり、訪問介護などの介護サービスは入居者が個別に契約するのが一般的です。

 

当社のサ高住コンサルティング

サ高住の中にも、一般的な方向けの住宅もあれば、富裕層向けの住宅もあります。孤独死対策総合研究所を運営する株式会社ルート・アンド・パートナーズでは、特に富裕層をターゲットとしたサービス付き高齢者向け住宅のコンサルティングを提供しています。

通常のマンションやコンドミニアムでも、一般的な方向けか富裕層向けかによって、求められる設備やサービスは異なります。当然ながら、サービス付き高齢者向け住宅においても同様です。しかし、通常のマンションやコンドミニアムでもそうであるように、富裕層がどのような設備やサービスを求めているのかをきちんと把握することは難しいのが現状です。

本コンサルティングサービスでは、富裕層調査や、調査結果に基づいた戦略的助言などを実施いたします。富裕層を主なターゲットとしたサービス付き高齢者向け住宅の計画をお持ちの事業者様がおりましたら、一度当社までお問い合わせやご相談をお寄せください。
※実際のサービス内容は、ニーズやお打ち合わせの内容等によって変わります。

 

お問い合わせはこちら

「サ高住コンサルティング」に関するお問い合わせやご相談は、下記お問い合わせページよりお願いいたします。

お問い合わせ・ご相談はこちら
ページ上部へ戻る