過去の記事一覧

  • 孤独死対策に有効な特別養護老人ホームの特徴

    一人暮らしの高齢者の孤独死対策に特別養護老人ホームが使われています。 特別養護老人ホームとは、社会福祉法人や地方自治体が運営する介護施設のことで、寝たきりなど介護が必要な高齢者が対象です。 介護職員が食事や入浴、トイレなど様々なサポートを行うのが特徴です。 かつては…

    高齢者
  • 孤独死対策としての住宅型有料老人ホームの特徴とは

    核家族化が進み、一人で知らないうちに亡くなってしまう孤独死が増えています。 孤独死対策として住宅型有料老人ホームが注目されています。 住宅型有料老人ホームの特徴は、まず民間の会社が運営している点です。 介護付きの老人ホームよりも軽い方が入ることが多く、施設内に介護スタッ…

    老人ホーム
  • デイサービスを利用した孤独死対策の特徴とは

    孤独死対策をするのであれば、常に気を配ってくれる人が周囲にいることが重要となります。 孤独死というのは文字通り、気にかけてくれる人がいないことによって起こるものであるため、誰かが気をつけていてくれればそれだけでも孤独死を防ぐことができます。 デイサービスを利用した孤独死対…

    和室
  • 孤独死対策に有効な介護付有料老人ホームの特徴

    近年、超高齢化社会が抱えている課題のひとつとして、孤独死があります。 高齢になるにつれて、だんだんと近所づきあいも疎遠になり、最終的に孤独死という悲惨な状況になってしまうケースも増えてきています。 有効な手段のひとつとして、介護付有料老人ホームを利用する方法があります。 …

    高齢者の手
  • 「孤独死」と「孤立死」の違い

    世間では「孤独死」と同じような意味の「孤立死」という言葉も目にします。 では、この2つの言葉の違いは何なのかというと、現在では全国共通の定義が決まっているわけではないようです。 ある市では「孤独死」と「孤立死」を以下のように定義しています。 【孤…

    孤独死? 孤立死?
  • 20~30代でも要注意、高齢者だけではない孤独死の危険性

    東京都の20~30代の孤独死は年間約150件 孤独死してしまうのは高齢者だけと思いがちですが、そんなことはありません。 20代や30代など、孤独死とは無縁と思われる人々でも、孤独死してしまう危険性があります。 実際、若い人でも年間150件程度の孤独死が報告されています(東京…

    若者
  • 年々増加傾向にある孤独死 – 平成26年版高齢社会白書(概要版)

    人との交流が減ってきている 内閣府が発表した「平成26年度版高齢者白書(概要版)」によると、人との交流が少ない、周囲に頼れる人がいない一人暮らしの男性が多くなってきているそうです。 60歳以上の高齢者の方が電話、メールを含めて他者とやり取りをしている頻度を見てみると、一人…

    平成26年版高齢社会白書
  • 富裕層の間でステータスになりつつある高級有料老人ホームで孤独死に備える

    高級有料老人ホームとは 高齢者向けの住宅や施設はいろいろありますが、一般的に有料老人ホームは中でも比較的高所得者向けの施設だと言われています。 もちろん、有料老人ホームの中でも一般的な高所得者向けの施設から、富裕層や超富裕層向けの施設までさまざまです。 富裕層や超富…

    高級有料老人ホーム
  • 孤独死とは

    孤独死とは、一人暮らしをしている人が、家の中などで生活しているときに、心筋梗塞などの突発的な病気で亡くなってしまうことです。 明確な定義はまだないようですが、一般的には一人暮らしの老人が上記のような状態になってしまい、しばらく経ってから久々に訪ねてきた家族などによって発見さ…

    孤独死とは
ページ上部へ戻る