孤独死対策

  • 三井不動産、富裕層に狙いを定めたサービス付き高齢者住宅を開発

    政府は25年までに高齢者人口に対する高齢者向け住宅の割合を4%にする目標を掲げている。高齢者住宅といえば介護事業者の物件が多かったが、最近では大手不動産会社がマンションで培った快適な空間設計や住民サービスのノウハウを生かした物件を開発し、高齢者住宅に相次いで参入している。 …

  • シニアと地域が支えるシングルマザー向けシェアハウスが目指す新しい福祉の形

    厚生労働省が2017年12月15日に発表した「平成28年度全国ひとり親世帯等調査」の結果によると、シングルマザーの平均年収は243万円。新卒社員(大卒)の平均年収が200万円~230万円程度と言われていることから考えると、決して十分とは言えない。当然ながら、子供が小さければ保育所…

  • 自治体で行われている孤独死の対策

    近隣との関係が希薄化してきた現在、隣の人が何をしているのかという事すら知らないという人も少なくありません。 周りの人に興味を持たない、何をしているのか知らないというのは、その人が亡くなっていても気付きにくいということでもあります。 現在では孤独死で亡くなる高齢者も多く、社…

    役所
  • 郵便局が行う孤独死対策の特徴とは

    最近は一人暮らしの高齢者が珍しくなくなってきました。 こういった方が突然亡くなり、亡くなった事が知られずに何か月も経過してしまう孤独死がひとつの社会問題になっていて、その対策が求められています。 孤独死対策としては民間の企業が介護施設を設置したりしていますが、実は郵便局で…

    ポスト
  • 孤独死対策に特徴のある民間警備会社のサービスについて

    高齢者の孤独死は年々増加しています。 孤独死対策には、様々な方法が考えられていますが、高齢者が自分で民間警備会社に依頼をし、セキュリティ対策を施しておくこともそのひとつです。 たとえば、生活導線にセンサーを設置し、一定時間動きが無い場合は、異常信号を民間警備会社に送信する…

    監視カメラ
  • 孤独死対策に最適な介護療養型医療施設の特徴

    孤独死は、身の回りに家族や世話をしてくれる人がいないために、病気やケガで倒れたときに救急車を呼ぶことが出来ず、亡くなってからしばらくの間発見されないということが大きな問題です。 そこで孤独死対策として、施設に入所することがあります。 高齢者が入所できる施設はいろいろありま…

    リハビリテーション
  • 孤独死対策にも活用される介護老人保健施設の特徴

    昨今、核家族化が進むとと共に、晩婚化、未婚率も上昇しているため、子供のいない夫婦、結婚しない高齢者も増えています。 そんな中、問題となっているのが、だれにも見つけられず、ひっそりと息を引き取る孤独死です。 そんな孤独死対策として、介護老人保健施設に入居するというのが増えて…

    花
  • 高齢者の孤独死対策に! 近年人気のサービス付き高齢者向け住宅の特徴について

    「サービス付き高齢者向け住宅」とは、自立あるいは軽度の要介護状態の高齢者(単身や夫婦)が、安否確認や生活についての相談等のサービスを受けながら、安心安全に暮らしていける住まいのことです。 特徴としては、一般的な賃貸住宅に比べて借りやすく、高齢者にとって住みやすい賃貸住宅となって…

    ラウンジ
  • 孤独死対策に有効な特別養護老人ホームの特徴

    一人暮らしの高齢者の孤独死対策に特別養護老人ホームが使われています。 特別養護老人ホームとは、社会福祉法人や地方自治体が運営する介護施設のことで、寝たきりなど介護が必要な高齢者が対象です。 介護職員が食事や入浴、トイレなど様々なサポートを行うのが特徴です。 かつては…

    高齢者
  • 孤独死対策としての住宅型有料老人ホームの特徴とは

    核家族化が進み、一人で知らないうちに亡くなってしまう孤独死が増えています。 孤独死対策として住宅型有料老人ホームが注目されています。 住宅型有料老人ホームの特徴は、まず民間の会社が運営している点です。 介護付きの老人ホームよりも軽い方が入ることが多く、施設内に介護スタッ…

    老人ホーム
ページ上部へ戻る